PASO A PASOパソアパソWEBレッスン ご利用規約

 

 

本規約は、『Paso a Paso パソアパソWEBレッスン』(以下当スクールという)が提供するサービスを利用して頂くにあたり、利用者が遵守すべき事項及び利用者当スクール間の権利義務関係が定められています。本規約に同意した上で申込を行い、当スクールによる承認を受けた方に限り、サービスを利用することができます。20歳未満のは親権者の承諾を得られた上で本サービスをご利用下さい

 

 

第1条(定 義) 

本規約において使用する用語の定義は、以下の通りとします。

・「当スクール」 『Paso a Paso パソアパソWEBレッスン』

「本サービス」 ウェブサイト『Paso a Pasoが提供するWEBレッスン

生徒 本サービスの提供を希望し、本規約に同意の上本サービスの利用者としての登録がなされた者

「登録情報」 本サービスを受ける目的で、生徒が当スクールに提供した情報及び本サービス利用の履歴等一切の情報 

「個人情報」 登録情報の中で、氏名・住所・電子メールアドレス等、特定の個人を識別できる情報 

「認証情報」 レッスンへ接続する際に使用するIDやパスワードなど、接続の認証に必要な情報 

 

 

第2条(登録)  

1.

本サービスの利用を希望する者(以下登録希望者という)は、本規約の全てに同意した上本規約及び当スクールが定める方法により登録申請を行う必要があります。本サービスを利用する本人による申請のみ有効であり、代理人による登録申請は原則認められません。登録希望者は、登録申請に真実、正確かつ最新の情報を当スクール提出しなければならないものとします。 

 

2.

当スクールは、登録希望者より前項の登録申請があった場合、当スクールが必要とする審査や諸手続を経て、当該申請承認の可否を決定します。当スクールは登録希望者へ理由を開示することなく、当該登録承認を拒否することができるものとします。 

 

3.

当スクールが登録希望者の承認をした時点で、当スクールと当該登録希望者との間で本規約を契約内容とする本サービス利用契約が締結されたものとします。 

 

4.

生徒は本サービスを受ける権利について、譲渡・貸与・名義変更・担保供与、その他第三者の利用に供する行為をすることはできません。 

 

 

 登録情報の変更

生徒は、登録情報に変更があった場合は、直ちにスクールへ当該変更事項を通知し、当スクールが要求した資料を提出するものとします。 

 

 

第4条 (サービスの内容)

1.

本サービスは、インターネット上において当スクールの指定するソフトウェア使用し各言語を母国語とする外国人講師WEBレッスンを行うものです。

 

2.

サービスは登録が完了した生徒のみが使用できる有料のサービスです。生徒は本サービスを受ける対価として、当スクール別途定めるレッスン料を事前に納めるものとします。 

 

3.

生徒は申込者本人のみで、申込者以外の方が本サービスをご利用いただくことはできません。 

 

4.

本サービスの利用にはマイクが内蔵されたデジタルデバイスが必要であり、生徒が各自用意するものとします。その際の費用は生徒が負担するものとします。デバイスにマイクが内蔵されていない場合はヘッドセットを用意ご用意いただく必要があります。Webカメラは必須ではありませんが、スムーズなコミュニケーションをとるために用意していただく事を推奨します。

 

5.

ソフトウェアのダウンロード、ヘッドセットやWebカメラのインストールは生徒各自が行うものとします。レッスンへの接続に使用するソフトウェア等をスクールのウェブサイトからのダウンロードその他の方法により生徒のコンピューター等にインストールする場合、自ら保有する情報の消滅若しくは改変又は機器の故障、損傷等が生じないよう十分な注意を払うものとし、当該情報の消滅若しくは改変又は機器の故障、損傷等により生徒に損害が発生した場合であっても、当スクールは一切責任を負わないものとします。

 

6.

レッスン1回当たりの長さは50分間とし、予約やキャンセルを含め、レッスンに関する時間は全てパソアパソの時計を標準時間として使用します。

 

 

第5条 (料金及び支払方法)

生徒は、本サービス利用の対価として、当スクールが別途定めるレッスン料を支払うものとします。当スクールが支払確認をした後、生徒はレッスンの予約を取る事ができるようになります。生徒はレッスン料を、カードによる支払や銀行振込など、スクールが別途定める方法により支払うものとします。

スクールは理由の如何を問わず生徒から受領したレッスン料を一切返いたしません。ただし、法令に基づき利用契約が有効に解除または解約された場合には、法令に従った範囲でレッスン料を返還することがあります。

 

 

第6条 (レッスンの予約とキャンセルについて)

レッスンの予約は、レッスンポイントが残っている状態でマイページのオンライン予約画面から行うことができます。予約済のレッスンキャンセルマイページのオンライン予約画面から行うことができますレッスン開始時間の24時間以上前にキャンセルされたレッスンのレッスンポイントは返却されます。オンライン予約画面からキャンセルができない場合はメールにてキャンセルの連絡を行うことでキャンセルをすることができます。その場合も24時間前までにメールがパソアパソへ届く必要があります。24時間より前にキャンセルされたレッスンのポイントは返却されます24時間以内にキャンセルした場合、もしくはレッスンに欠席された場合そのレッスンは消化されたとみなされます。

 

 

第7条 (レッスン前の準備)

生徒はレッスン開始時間は通信プログラムを立ち上げている事とします。いかなる理由をもってしても、接続が遅れた場合にも、レッスンは定時に終了するものとします。

 

 

第8条 (レッスンへの遅刻)

生徒がやむを得ず遅れてレッスンに参加する場合にも、レッスン終了時間は変わらないものとします。レッスン開始時間より0分経過した場合には、レッスンに接続することができなくなります。

 

 

第9条(テクニカルトラブルの際のレッスン返還)

当スクールはいかなる理由があってもレッスン料の返金はいたしません。但し、当スクールの過失によるテクニカルトラブルが発生し、テクニカルサポートが認めた場合には例外とし、レッスン一回分を振り替える事ができるものとします。テクニカルトラブルが起こっても、その後50分間のレッスンが提供できればそのレッスンは消化されたとみなされます。

 

 

第10条(レッスン中のテクニカルトラブル)

レッスン中に通信が切断されるなどの問題が起こった場合、生徒は何度か再接続を試みる必要があります。それでも解決されない場合は、テクニカルサポートへ連絡するものとします。レッスンに中断があった場合や問題によりそれ以上レッスンを提供できなかった場合、当スクールはレッスン料の返金はいたしません。但し、テクニカルサポートが当スクールの過失を認めた場合には例外とし、レッスン一回分を振り替える事ができるものとします。

 

 

11 本サービスの停止又は中断

1.

以下の各号のいずれかに該当する事態が生じた場合には、当スクールは生徒に事前に通知することなくサービスの利用の全部又は一部を永久的又は一時的に停止又は中断することができるものとします。 

本サービスに関係するコンピューター・システムの点検又は保守作業を定期的又は緊急に行う場合 

コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合 

火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合 

その他、当スクールが停止又は中断を必要と判断した場合 

 

2.

当スクールは、前項の規定によって生徒に損害が生じた場合でも、当該損害について一切の責任を負いません。 

 

 

12条(禁止事項) 

1.

生徒は、本サービスの利用にあたって、以下の行為、またはそのおそれがある行為を行ってはならないものとします。

・レッスンの録画、録音、画像のコピーなど、当スクールまたは第三者の所有権、著作権を含む一切知的財産権、肖像権等の正当な権利を侵害する行為

・レッスン中の飲食

・レッスン中の喫煙

・当スクールもしくは講師に不利益、損害を与える行為 

・性的又は猥雑なもの、品性を欠くもの、人に嫌悪感を与えるものとみなされる発言や行為 

・民族的、人種的差別につながる発言や行為

・公序良俗に反する行為 

・当スクールの書面による承認を得ずに本サービスに関連して営利を目的とする行為 

・本サービスの運営を妨害する行為 

・本サービスまたは当スクールの信用を失墜・毀損させる行為 

・虚偽の情報を登録する行為 

・生徒の登録情報、認証情報等を不正に使用する行為 

・講師の個人的な連絡先を聞いたり、講師に当スクールを介さずレッスンを行うよう依頼する行為

・その他当スクールが不適切と判断する行為 

 

2.

生徒が前項の行為を行った場合、当スクールは直ちに生徒登録を解除することができるものとし、購入済のレッスン料の返金も行わないものとします。また、前項の場合において、当スクールが何らかの損害を被った場合、生徒は当スクールに対して損害の賠償をしなければならないものとします。 

 

 

13条(当スクールの著作物)

当スクールのウェブサイトやレッスン中に使用する教材、もしくは生徒に配布される補助教材の全ての著作物の権利は当スクールに帰属します。生徒、非生徒にかかわらず、当スクールの書面による承認なしに著作物を無断転用した場合には当スクールが請求する賠償金を支払わなければならないものとします。

 

 

14条(退会) 

1.

生徒は、退会の申出をすることにより、退会することができます。その際、未受講のレッスン料の返還は一切しないものとします。

 

2.

当スクールは、生徒が以下のいずれかの事由に該当する場合、またはそのおそれがあると当スクールが判断した場合、生徒に対する事前の通告・催告を要することなく、直ちに当該生徒を退会させることができるものとします。

・本規約に違反した場合 

・未成年者であって親権者の同意を得ていないことが判明した場合 

・登録情報に虚偽、過誤がある場合 

・登録された電子メールアドレスが機能していないと判断され場合 

・第三者に成りすまして生徒登録を行った場合 

・第12条に定める禁止事項を行った場合 

・連絡不能なったとき 

・生徒が死亡した場合 

・その他、当スクールが生徒として不適切と判断した場合 

 

 

15条(免責) 

1.

本サービスは、インターネット回線を通じてレッスンを行うため、通信事情によって映像・音声等の乱れ・通信不能等の障害が発生する可能性があり、かかる障害が、当スクールの責めに帰すべき事由以外の事情に起因する場合は、当スクールは何の責任を負わないものとします。また、当スクールは、本サービス及び通信プログラム提供者を含む第三者のウェブサイトからのダウンロードまたはコンピューターウイルス感染等により発生したコンピューター・回線・ソフトウェア等の損害について、賠償する義務を一切負わないものとします。

 

2.

本サービスに関連して生徒間で生じたトラブル(違法または公序良俗に反する行為、誹謗中傷等)に関して、一切の責任を負わないものとします。 

 

3.

本サービスを通じて行われた第三者と生徒との取引について、一切の責任を負わず、全ての取引は当該第三者と生徒の責任においてなされるものとします。 

 

4.

当スクールが提供する通信プログラムを生徒がレッスン以外に使用した場合に生じたいかなるトラブルについて一切の責任を負わないものとします。

 

 

16 本規約等の変更

スクールは、本規約(当ウェブサイトに掲載する本サービスに関するルール、諸規定、料金の変更等を含みます。以下本条において同じ。)又は本サービスの内容を自由に変更できるものとします。 

当スクール本規約又は本サービスの内容を変更した場合、生徒に変更した内容を通知するものとし、変更内容通知した後、生徒が本サービスを利用した場合又は当スクールの定める期間内(別途通知がない場合は一週間とする)に登録取消の手続をとらなかった場合には、生徒は、本規約又は本サービスの内容の変更に同意したものとみなします。 生徒は前項に定める効力発生の時点以降、変更された内容の不知または不承諾を申し立てることはできないものとします。 

 

 

第1条(協議事項) 

本サービスに関連して生徒当スクールの間で疑義・問題が生じた場合、その都度当該当事者間にて誠意を持って協議し、解決を図るものとします。 

 

 

第1条(管轄裁判所)

本サービスに関する当スクールと生徒の紛争(本契約の成立及び有効性に関する紛争を含む)については、当スクールの本店所在地を管轄する裁判所をもって、第一審における専属的合意管轄裁判所とします。 

 

 

19 協議解決

当社及び生徒は、本規約に定めのない事項又は本規約の解釈に疑義が生じた場合には、互いに信義誠実の原則に従って協議の上速やかに解決を図るものとします。 

 

20条(準拠法) 

本規約に関する準拠法は、日本国法とします。 

 

 

変更:2011年7月5日

多言語導入に伴い、第1条(定義)において、当スクールの正式名称を「PASO A PASOスペイン語オンラインレッスンパソアパソ」 から「PASO A PASO パソアパソWEBレッスン」へ変更しました。

本サービスの定義を「ウェブサイト『Paso a Paso』が提供するマンツーマンスペイン語レッスン」から「ウェブサイト『Paso a Pasoが提供するWEBレッスン」へ変更しました。

 

変更:2015年1月1日

オンライン予約システム導入に伴い、第6条 (レッスンの予約とキャンセルについて)において予約方法を「電話もしくはメール」から「マイページのオンライン予約システム」に変更しました。

システムの変更に伴い、キャンセル時のレッスンポイントの返却は「前日の22時30分まで」から「レッスン開始時間の24時間前まで」に変更しました。

 

変更:2017年3月6日

ービス変更により、第4条 (サービスの内容) 6.において、レッスン1回当たりの長さを「45分間」から「50分間」に変更しました。

 

第7条 (レッスン前の準備)において、通信プログラムの品質向上により、接続テストの必要がなくなったため、全文変更しました。

 

サービス変更により、第8条 (レッスンへの遅刻)において、「20分経過した場合には、レッスンに接続することができなくなります。」から「30分経過した場合には、レッスンに接続することができなくなります。

」に変更しました。

 

 

2007年6月5日制定

以 上